迎えの間って何?

昨日ご紹介しました土間玄関からの
続きの部屋です。

居間・茶の間・応接間とかいろいろ呼び方は
ありますが
OGKモデルは「迎えの間」(むかえのま)です。

R1106028迎えの間.JPG

訪れた人、夕方帰ってきた家族が
すぐに、家族と一緒になれる住まいの在り方を表現してみました。

迎えの間は「みんなの家」でも、ご提案しているCafeへの
入り口でもあります。

HABITA OGKモデルは、住宅の機能性、デザイン
だけではなく、日本の住文化の復興も視野に入れています。

次回は、「吹抜け夜空」をご案内いたします。




 
土間玄関です。

一般的な玄関のスタイルは
玄関土間部分があり、そして玄関ホールと
続きます。

そこで、HABITAからの懐かしく新しい提案です。

R1106000土間玄関土間小間.JPG

土間の先には、ホールを作りません。
画像の左にある大谷石の沓脱ぎより
直接、居室に入ります。

そうすることで、土間部分を畳1枚分ほど
広くなり、雰囲気がまったく違うものになります。

「もちろん、好みもありますので、これだけに
こだわる必要はありませんのでご心配なく。」

画像ではわかりませんが、土間玄関に入ると
やさしい杉の香りに包まれます。

奥には、もう一つの土間を設えてあります。
もう一つの土間は、後日ご案内いたします。

HABITA OGKモデルは平日も通常公開
いたしております。(水曜日はお休みです。)
ゆっくり、ご覧になりたい方、平日お休みの方
ご来場お待ちしております。

 HABITA OGK2013 モデルの
各部屋等を今後何回かに分けてご紹介致します。

今日は、アプローチから玄関です。

R1105976アプローチ玄関.JPG


通常、ポーチと呼ばれるスペースには
タイルやモルタル塗り床が採用されることが
多いと思います。
今回は、デッキ材を採用しました。
最近、ショッピングモールや空港の送迎デッキ
それと海辺のボードウォークにも多く見かけるようになった
木樹脂デッキです。(木材半分、樹脂半分位で出来ています。)
当社では、エア・ウォーター製「エコロッカ」をよく使います。

足元には、植物を植え、イメージとしては
住まいと大地の一体感が出た気がします。

それと、施工後に気がついたことですが
タイル床と靴底の音が違います。「コンコン」と
小気味よい音がします。
なんか、「家に帰ったな。」という実感があります。
ちょっと、玄関ドアを開ける前の楽しみができました。


9月1日より公開開始している
新HABITAモデルの名称は

HABITA OGK2013  “ホッとする家”

テーマは「懐かしくて新しい家」

懐かしくて新しいデザイン・間取り・こころ を取り入れました。

モデル外観.JPG

画像は、以前ご紹介させていただいたものと一緒です。
今日現在は、もう少し芝生も青々とし
アプローチ手前の植栽等も完成し
少しばかり街に馴染んできたような気がします。

本題ですが、OGKには3つのキーワードを含んでおり

Organic(天然) 天然由来の素材を駆使した住まい

Gable(切妻)  屋根はシンプルな切妻タイプ
           日本の伝統と、これからの創エネルギーにも
           対応させた住まい

Keep(保全)  保守(メンテナンス)から保全へ
          これからの住まいは、伝統、環境、安心を守ること
          住まい手のお客さまと作り手の弊社が一緒になって
          守り続ける住まい

との、意が込められています。


ホッとする家って? は ぜひ OGKモデルでご確認してください。

もちろん、この週末も9時30分よりオープンしています。

          
          


 ちょっと、予定より時間がかかりましたが
「おうちのはなし HABITA大垣建築特集」を
明日、7日(金)に壬生町内と下野市の旧石橋町エリアに
新聞オリコミをします。

おうちOGK.JPG

今回オープンしましたHABITA新モデルの紹介をメインに
弊社の考えをまとめさせていただきました。

いろいろ、お伝えしたいことをぎっしり入れさせてもらいましたので
他の住宅会社さまのオリコミチラシとは違い文字だらけです。 

朝の忙しい時間では、ご飯を食べて新聞を読んで出かけてで
いっぱいでしょうから、ぜひ他のチラシから分けて
夜、お時間のある時にでもお読みいただければと思います。

新HABITAモデルは、公開開始しています。
営業時間 9:30〜17:30  (毎週水曜日が定休です。)

ぜひ、お越しください。










 本日、HABITAモデル棟の
清祓(きよはらい)式を行ないました。

清祓式は入居前に
神主さまに家の中全ての部屋をお祓い
していただきます。
水まわり 台所・浴室・トイレは
特に念を入れてお祓いします。
もちろん、かまど部分(IH)もです。

清祓式.JPG

主柱御神酒.JPG

最後に皆で御神酒をいただいて
もちろん、うちのHABITA五寸主柱も一緒にいただきました。
盃からキッチンペーパーに含んで

「柱の右上の濃い部分」です。

オープンは9月1日です。

今回は、めずらしく前日・当日にチラシは入れません。
チラシではなく、当社の想いを伝えられるものを
と考えていたらチラシではなくなってしまいました。
現在作成中です。








 本日、新モデルハウスに冷蔵庫を搬入しました。
オープンまで2週間の準備期間も
これで、冷たい飲み物が飲めます。
でも、予算的なこともあり少々小ぶりですが。

と言うのも最近の白物家電は
どんどん高機能化・高性能化により
「あっ、いいな」と思うと、店頭販売価格で
各々軽く10数万円してしまいます。
TV,エアコンや太陽光発電システムは
どんどん安くなっているのにと思ってしまいます。

今回も、いいなと思うものを選んでいると
冷蔵庫13万円くらい・ドラム式洗濯機15万円くらいと
2品だけで30万円近く費用が掛かってしまいます。

もしかすると、当店で購入するよりも 
量販店さんやネットで購入するほうが安いかもと思い
チェックしましたが同じメーカーの同じ商品の場合ですが
当店価格のほうが安いということがわかったので
これは、中身を変えようと思い
冷蔵庫は大型から小型へ 洗濯機はドラム式から一般型へと
変えたしだいです。

でも、当店の価格に自信がもてたのは、いい収穫でした。

本社2階冷蔵庫.JPG

上の画像は新モデルハウスではなく
当社2階キッチンにある冷蔵庫です。
その時は2階へ搬入するのが大変そうだったので
つい量販店さんで買ってしまいましたが・・・


あと一つ、当店の価格に自信が持てたことのほかに
今さらながら気づいたことですが
家電品も新築計画時にキチンと予算化しなければ
ということです。

現在、多くの住宅ローンでは、家電品購入も
融資対象になっています。
もちろん、建築工事付帯品なので 
ローン申込時に、見積内訳書や契約書が必要ですが。

最近では、当社のように多くの住宅会社が
家電製品も取扱をしているので、「家電は引越し後に」と
思わずに、計画の早いうちに住宅会社とご相談されたほうが
良さそうです。

   「資金計画は細かい部分もしっかりと」

いつもながら、モデルハウスを建てるとデザイン、プラン
だけではなく、いろいろな部分でお客さまのご苦労が
わかります。





















 先月に完成しましたHABITAモデルハウスは
9月1日(土曜日)よりオープンします。

モデル外観.JPG

「懐かしくて新しい家」をデザインテーマにして今春より
計画をスタートした建物です。

本来なら7月下旬より公開できるよう建設も終了していましたが
弊社にしては珍しく1ヵ月の準備期間を経てのオープンです。
といってもなかなか準備は進んでいませんが。

いつものように、公開後、ご来場された皆さまのご意見で
展示物等も変わっていくと思います。

なんか言い訳がましく聞こえてしまいますが
今日現在、営業体制は整っていませんが建物仕上りには
自信を持っています。

この4年間に弊社でHABITAを建てられ住まわれている
お客さまのご意見をいただきながら実現できたモデルハウスです。

皆さまのお越しを心よりお待ちしています。



 7日(火曜日)に上棟の
壬生丁habitaさま邸のお盆休み前
の工事状況です。

葭葉さまモイスTM.JPG


無事、屋根 ガルバリウム鋼板葺と
外壁下地には白いモイスTM耐力壁の取付も完了しました。

南面は、養生用のブルーシートで見えないのが残念ですが
バルコニー部分は、木樹脂「エコロッカデッキ」と
オリジナル手すり壁パネルを取り付けるようにHABITA構造で
木工事が進んでいます。

今回の建物は、外部真壁・大壁のミックスの仕上げになります。
完成が楽しみです。



 昨日7日(火)に
壬生丁habitaさま 上棟になりました。
おめでとうございます。

夕方、雨が降りましたが 問題なく屋根下地まで
完了しました。

濡れても大丈夫? とお考えの方もいるでしょう。
もちろん、作業効率と工程から考えると晴れが一番です。

でも、HABITA部材は屋外現しを念頭に作られているので
作業時の雨なら部材には何も問題でません。

材だけではなく、基礎部分の水抜きや合板処理方法にも
工夫がされています。



葭葉さま建方.JPG

画像は、棟木取付完了時のものです。

葭葉さまハラテック.JPG

整然と並んでいる鋳鉄(ちゅうてつ)金物に
尺梁と八寸梁が取付られていきます。

このあと、屋根工事 外壁下地耐力壁と工事は進んでいきます。

壬生町内では6棟目のHABITAです。