本日より

春コーヒーから夏コーヒーに変えました。

DSC00554夏コーヒー.JPG

春の甘い香りから、夏のすっきりとした香りへと

ただ、今日は雨でちょっと肌寒さが
夏とは、程遠い一日です。

 昨日(5月9日)のテレビ東京 WBSで
林業の特集がありました。

そのなかで、九州から桧の原木を韓国へ
輸出している様子が紹介されていました。

お風呂や内装材に加工されるそうです。

もしかすると、日本の木は国内より
海外での評価が高いのかもしれません。

HABITAでも、2010年に
南九州から出荷された鉄杉で
中国 杭州に教会が完成しました。

杭州教会.jpg


木の香りただよう厳かな雰囲気です。
完成の様子はWeeklyHABITA048で
ご覧いただけます。

番組を見ていて思い出しました。

「2030年、インドと中国が世界の木材生産量を上回る消費へ」
WeeklyHABITAに掲載されていた記事です。

木材もまぐろに代表される水産資源のように
貴重で高価になってしまうのでしょうか。少し心配です。

日本の木は、戦後から高度成長期にかけて植林され 
今、伐採期を迎えています。


原木.jpg


本来なら、輸入せずとも自給できる「世界に誇る資源」です。
でも、何かの理由で輸入材が主流です。

住まいづくりの時に「木」の将来のことも
考えてみてはいかがでしょうか。






 今日で、ゴールデンウィークも終わりです。

多くのお客さまにご来場いただき
ありがとうございました。

外玄関夕.jpg



お渡しさせていただきました基本資料の他にも
たくさんの資料をご用意していますので
疑問点などありましたら、お気軽にお問合せください。

これからも OGKの家・HABITA を よろしくお願いします。



 ゴールデンウィークも前半が終わりました。

OGK HABITA展示棟は、
今週 火・水・木も休まず公開致します。

アプローチ.JPG


ぜひ、お越しください。

OGK・HABITA展示棟については
http://www.ogknoie.com/

をご覧ください。








 GW期間中の
OGK・HABITA展示棟 GRAND OPEN
ご案内チラシを、壬生町内・宇都宮市の一部・下野市の一部に
折込をしました。

OGKB4.JPG

チラシは http://www.ogknoie.com/

のTOPページで、ご覧いただけます。

展示棟は、去年の9月より
WEB等のご案内で限定公開をしていましたが
明日より、通期常時公開をします。

Organic ・ Gable ・ Keep  と

OGKのコンセプトとHABITAの技術とデザインを
活かした住宅です。

ぜひ、ご来場ください。 






 新ホームページの公開を開始しました。

 http://www.ogknoie.com/

より、ご覧ください。

一部、まだ作成中のページもありますが、ご容赦ください。

今回のホームページの改定で
大幅に変更したところが

「おうちのはなし」無料プレゼントのページです。

今日現在 000号〜032号 計33号の
一覧を掲載しています。
ご興味のある号を5部お送りできるようにしました。

おうちのはなしセット.JPG

さまざまな内容を揃えています。
住まいづくりに、お役に立てると思います。

もちろん、OGK・HABITA展示棟では、全号を揃えています。
展示棟では、5部とは言わずご興味のある号は
全てお持ち帰りできますので、ぜひお立ち寄りください。






 展示棟での、お飲み物に
京都 小川珈琲さんの期間限定品
春珈琲をご用意しました。

春珈琲.JPG

春のうららかなひだまりをイメージしたコーヒーです。
ご見学後にどうぞ。
 お世話になっています。
本日より新年度がスタートしました。

 今年度、当社は今までも推進してきた
長期優良住宅の他、去年12月に施行された
低炭素住宅の普及も進めていきます。

 いよいよ、当社が90年代中頃より
次々と手がけてきた住宅の高断熱化・省エネ化
創エネ化そして構造部材を始めとした国産材化が
法律化されたことは、ほんとうに嬉しく思います。

 でも、住宅は法律・データ・マニュアルだけではできません。
それだけでは住む箱=HOUSEです。

当社の2013年住まいのテーマは
「ホッとする家」です。
そのことを具現化できるようO・G・Kという
キーワードにより去年より住まいづくりを進めて来ました。
 O・G・Kについての詳細は、ただいまリニューアル後の
新ホームページでご案内したいと思います。

O・G・Kを駆使して長期優良住宅・低炭素住宅に
心をこめた住まいづくりを手がけていきます。

HOUSEからHOME HOMEよりHABITAへ

HABITA大垣建築は「ホッとする住まい」を創っていきます。

今年度もよろしくお願いします。


Nさま邸 上棟後の工程です。

沼尾さま屋根組.jpg

屋根を支える垂木(杉集成:105×105)をロングビスと
固定金物を使用して固定したら
その上に厚物構造用合板(厚:24ミリ)を取付して

沼尾さま屋根断熱.jpg

またその上に通気確保用垂木を取付
断熱材を敷き込み

沼尾さま屋根通気.jpg

そして、また構造用合板を取り付けます。


沼尾さま防水下地.jpg

防水シートを敷き込み

沼尾さま屋根葺き.jpg

屋根葺きです。
仕上がるとなかなか分からない屋根の中身ですが
結構な機能を持たせています。

屋根葺き後は、太陽光発電パネルが搭載されます。




 昨日、3月15日は
宇都宮市江曽島のNさま邸上棟でした。
数日前の強風もなく作業は順調に
進みました。

沼尾様建て方HP.JPG


 床面積は約36坪の建物です。
でも、外観からはどう見ても45坪以上に見えます。
多分、構造材の量(一般的な在来3.5寸角構造の1.8倍)
約18㎥と中庭スペースのデザインの相乗効果だと思います。

どの、HABITA邸でも必ず「大きいね」と言われます。
紙の上だけで考える平面図とのいい意味でのギャップがあります。

もう、住宅は「床面積」や「坪単価」だけでは
比較しにくいと思います。