介護など、ライフステージを

考えると、家は 3回考えないと

いけないと、昨日書きましたが

 

例えば

/恵(建替え)の時に考えること

 

健康な時、普段から考えること

 

まさかのときに考えること

 

この3回になると思います。

 

その時その時でないと

できない部位も発生します。

 

ほんとうに、まさかのときに考える

のは、大変です。

 住宅の計画を立てる時

もちろん、一番重要なのは資金計画ですが

一般的には

デザイン・間取り・構造・断熱・冷暖房設備

等を優先順位をつけながら上手にMixして作り上げるものです。

 

でも、急におこった介護リフォーム

総合的に考える時間や心の余裕もありません。

(我が家が今現在そうです。)

ほんとうに、新築や通常リフォームとの

段取りとはイレギュラーになることがわかりました。

(楽しいワクワクする資材選びなどしている

場合ではありません。即納品第一です。)

 

特に今は、急激に寒くなってきたからですが

 

介護リフォームを進める優先順位は

(もちろん、段差解消や手摺等のバリアフリー対策が最重要ですが)

 

[簔繁疾瀏>断熱>4崋茲蝓筬す渋ぁ筬ゥ妊競ぅ

 

普段、新築をお考えのお客様にお話ししていることと

順番がまったくメチャクチャです。

お恥ずかしいかぎりです。

 

切羽詰ると、とにかく「肺炎などの感染症をおこしにくい

温湿度環境」が一番になります。

とりあえず、断熱がよくなくてもエアコンをつければ

なんとかなります。(この際、省エネとか環境貢献は後になってしまいますが・・・)

構造も柱がしっかりしていればなんとかなります。

間取りは、使いこなせない部屋もでてくるので

関係がなくなってしまいます。

デザインを考える余裕はありません。

 

よく、以前は「家は3度建てないと・・・」と言われてましたが

 

これからは、「家は、3回考えないと・・・」という感じです。

構造は、優しく使えば、人の寿命以上に持ちます。

設備は、検討中の間にもどんどん新機能がでてきます。

 

切羽詰る状況がおきないのが一番ですが

「まさか」は、急に起きます。

今年のうちがそうでした。

 

住宅計画も

介護がなくても、お子さまの成長等による

家族構成の変化は、必ず発生します。

(繰り返しになりますが、構造は人の寿命以上ですから)

 

住宅もライフステージにあわせて先手先手で

様々なプランを立てておくことが重要かも知れません。

 

「ひとつの住まいで、3度考えるライフステージ対応住宅」

私の反省を基に今後は皆様にご提案できるように

していきます。

 

皆様は、失敗しないでください。

「まさか」に対応できるよう、工事はしなくても

計画だけでも、つくっておくことが

安心にもつながると思います。

 

「まさか」なんて考えていなかった

失敗者からのアドバイスです。

 

 

 

 

 

 

 

やっと、自宅のリフォームも

目安がついてきたので

(と、言ってもそこそこ残工事は残ります。

お客様の苦労も凄くわかりました。)

来週末には 現在、お世話になっている

ショートステイの施設さんから

母が、戻ってくることになりました。

6月の入院から半年以上が経ちました。

これから毎週、大学病院への通院と

在宅介護が始まります。

試行錯誤しながら、介護と仕事の両立の

ポイントを探し出していきたいと思います。

 

わからないことだらけで大変ですが

ケアマネージャーさんや身内の方々の

サポートを受けながら少しずつ一歩一歩

前へ進んでいきます。

 

 

 

本日、大垣建築の新コンセプト住宅

 

「OGK2019」が、上棟となりました。

お施主様とは、午後 電気配線等の

打合せをHABITA棟でおこないました。

私にとっては、久しぶりの

HABITA棟での、お客様打合せです。

長らく、打合せ等の業務から離れていましたので

なんか、すごく楽しかったです。

 

「OGK2019」の様子は

また、後日 ご紹介させていただきます。

 

 

昨日、12/3に NHK クローズアップ現代+

「相次ぐ がん見落とし 助かる命を失わないために」

を観ました。 

医療機器技術の進歩はがんの早期発見を可能にしても

「見落とし」は相次いでいるようです。

 

母の場合も、春先の健康診断で

「○○と△△を認めます。再検査をしてください。」

とコメントが記載されていました。

その事で診断をしてくれた医師の先生に相談すると

「骨粗しょう症」ということで終わりでしたが・・・

実は、○○と△△の症状が出ている場合は

けっこう大変な病気の場合があることがわかりました。

結局、その病気でした。

 

画像を見ていなかった・報告を読んでいなかった

つい、思い込んでいた。等々

一般の企業や私たちの現場でも起こり得る事です。

 

私たち、注文住宅を扱っている業者では

変更点や数々のオーダーで「つい うっかり」と

いうこともあり、人事ではありません。

つい先月も、私の連絡ミスで

お客様にご心配をおかけしたばかりです。

人の事を言っている場合ではありません。

日々、反省です。すいません。

 

そんな中、「管理と検査」という言葉を

思い出しました。

HABITAで学んだことですが

管理と検査の二重にすることで

100回に1回の確率で起こるミスが

100分の1×100分の1で1万分の1になります。

今、住宅建設には、基礎・構造体の重要な部位には

瑕疵保険の検査がついています。

社内チェックと外部の検査で

リスクを1万分の1に減らすことができるわけです。

ある意味、瑕疵保険の料金 数万円で

安心でも割高といわれる大手住宅メーカーと

ほぼ同じ安心感が

基礎や構造体に対しては同等になるわけです。

お得ですね。

その他の部位でも、精度をあげたい場合は

住宅性能表示制度等も準備されています。

 

以外に、地場の住宅業界は進んでいたのですね。

今更、気づきました。

 

二重のチェック、現場検査以外にも

適応させていきます。

 

 

 

 

 

住宅建築業者をしていながら

介護リフォームが、ご家族にとって

こんなに大変と今更ながらに気がつきました。

 

通常、介護リフォーム(公的介護保険による住宅改修)は

要介護認定を受け

入院している場合、退院予定日が決まってからの

申請になります。

ほんとうに、考える時間が短いと実感しました。

今までは、お客様とケアマネージャーさんとの

打合せで決めていきましたが

当事者になってはじめてわかったことが

たくさんでてきました。

介護を受ける方やご家族の心配が

ようやくわかりました。

今まで、通常リフォームの延長線でお請けしてた

ことですが、「もっと、気持ちを入れないと」

と反省しています。

 

わかっているつもりでも、当事者になってみないと

肝心なことはわからないものですね。

 

我が家の介護リフォームも

現在、身近な方々の協力を得ながら進めています。

 

 

現在、モデル展示棟として建設した

OGK2013は

 

Organic(天然由来の素材)

Gable   (太陽を受け止める切妻屋根)

Keep    (環境保全)

をキーワードに

 

そして、テーマは

「懐かしくて新しい家」

 

これらを「200年住宅HABITA」で形にしました。

 

今回の「OGK2019」のテーマは

ストレートに

あなたにオリジナルな木の家

    (original)  (Ki)

              です。

 

もちろん、お施主さまにとってのオリジナルなのですが

大垣建築にとってもオリジナルな「木の家」なのです。

 

例えば、

1995年より推進してきたスーパーウォール工法で

推進してきた高断熱技術

 

2000年より導入の2×4住宅の構造の安定性能

 

2007年、200年住宅HABITAで得たこれからの

住宅の在り方

 

等々、弊社が取り組んできた木造住宅工法の

技術・デザインのノウハウを盛り込みました。

まさしく、他社にはない、「オリジナルな木の家」

を2019年は形にしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

今年も、あと1ヵ月です。

いよいよ、新元号も来年です。

大垣建築では、新たな時代の始まりに向けての 

新コンセプト住宅「OGK2019」

が始動します。

前回のコンセプト住宅「OGK2013」は

HABITA地域モデルとして展示棟として

建設しました。

 

今回の「OGK2019」は、本仕様初の

お施主様と、ちょうど一年前よりプラン

打合せを繰り返しながら作り上げた自信作です。

プラン終盤に、私の母親の入院があり

お施主様であるA様には、打合せの延期等のご無理を

聞いていただき、誠に感謝致しております。

いよいよ今月上棟します。

 

2019バージョンに相応しく

大垣建築が長年培ってきた特色ある

「10の技術・仕様」に

更に新採用の「9のソフト&ハード」を

取り込みました。

 

地元、壬生町安塚に来春完成します。

本来なら、ホームページでしっかり紹介する

カタチが理想ですが

小規模・現場重視主義のため

なかなか更新作業が追いつきません。

 

まずは、速報版として、本ブログで

お伝えしていきます。

 

今、母親の自習リハビリで

弊社が皆様にお配りしている

「おうちのはなし」を使っています。

と言っても、記事を読むことではなく

表題のタイトルを書き写しながらの

文字を書く練習です。

自分の住所・氏名を書くのは飽きれたとの

ことで始めました。

いつも、車いすのバッグに数部と紙と鉛筆を

入れています。

少々、イレギュラーな活用方法ですが・・・

そんなこともあり、私自身もおうちのはなしを

読み返すことが必然的に増えてきました。

 

そこで、きになる記事がありました。

「かかりつけ医のように」

ある医療アンケートでの、かかりつけ医の

選択理由の結果だそうです。

 

1.近いこと

2.説明が丁寧であること

3.どんな病気も相談できること

4.腕が良いこと

 

これらは、私たち地元の建築会社でも

あてはまることです。

 

1.近いことは

  それだけで、安心感があるものです。

 

2.説明が丁寧であること

  これは、今回の入院のことで

  多いに自分自身が反省したことです

  家族の入院でどんなことがわからないかが

  わからないということでした。

  これは、多くの住宅を考えている方にも

  あてはまることだと実感しました。

 

3.どんな病気も相談できる

  たまたま、お取引先の窓口の方との会話で、

  「できるなら、最初は総合診療医の先生に

  診てもらいたいですね。」という話になりました。

  コレって決め付けずにさまざまな角度からの

  見立てと専門の方々との連携が必要と思いました。

  私たち、地元建築会社も新築もリフォームもメンテナンス含めて

  お客様のご要望を多角的な角度から提案できる総合住宅医を

  目指すべきだと考えました。

 

4.腕が良いこと

  そのとおりです。

  住宅を建てるには、大工さん、左官さん等々の

  多くの職種の職人さんの能力が必要になります。

  そういった職人さんの腕を充分に発揮してお客様の

  住宅を創るのが建築会社の腕だと考えました。

 

いろいろ並べながら書きましたが、なかなか全てを

完璧にこなすことは難しいのが実際です。

一つ一つクリアしながら、理想を現実に近づけられるよう

今年度、後半は実行していきます。

 

余談ですが、私の母親は

毎年の健保協会の健診でも

その他2週間に一回の診察でもお世話になっている

クリニックさんでレントゲン検査・CT検査をうけ

骨粗しょう症と言われ家に帰ってきました。

その数時間後に救急車で運ばれるとはその時

考えてもいませんでした。

実際はまったく違う病気でした。

クリニックの先生に結果を電話しても

その時は「そんなはずはない。」と言っていましたが

 

近いだけで選んではだめなのかな?

それとも3か4が少し足りなかったのかな?

あとで、説明は変わりましたが・・・

 

  

 

 

 

 

 


ご無沙汰いたしております。

4月の「2020年問題」のお知らせを最後に

ブログも更新せず、もう今年も10月に入ってしまいました。

5月は、おかげさまで多くの見積り作業に

没頭しながら過ぎていきましたが

実は、6月はじめに、私の母親である

弊社副社長(と、いっても家族運営ですが・・・)が

近所の大学病院に入院してしまい、1ヵ月近く意識がない

状態がつづいていました。

8月下旬に、リハビリ病院へ転院し、

毎日 悩みながら少しづつリハビリを

がんばっている状態です。

この、4ヵ月間 多くの皆様に支えられ

業務を続けてまいりました。

見積りの遅れを待っていただいたお客様や設計事務所様

なかなか、お打合せもできずにいたのにご注文いただいたお客様

様々なアドバイスをいただいた皆様

本当に、感謝致しております。

 

特に大学病院に入院していた期間は

無我夢中で、日々の業務も半日ほどで

いろいろ考えたりする余裕がありませんでしたが

最近になって、母親の病気と、それまでのいきさつ等々を改めて振返ってみると

お医者様の対応と自分が今までしてきた仕事を

比較してみて学んだことや反省点がいくつもでてきました。

今まで、一般的なことと考えてしまったり、後手後手にまわってしまったこと

を認識させられました。

今後、母親の入院から学んだ反省点や今後改善していきたい

ことを書き綴っていきたいと思います。

 

10月1日 本日より再スタートします。

といいながらも、午後3時過ぎには病院にいってきますが・・・

 

もちろん、現場管理業務・お客様ご相談は、ベテランの橋爪さんが

とどこおりなく行っていますのでご安心ください。