現在、モデル展示棟として建設した

OGK2013は

 

Organic(天然由来の素材)

Gable   (太陽を受け止める切妻屋根)

Keep    (環境保全)

をキーワードに

 

そして、テーマは

「懐かしくて新しい家」

 

これらを「200年住宅HABITA」で形にしました。

 

今回の「OGK2019」のテーマは

ストレートに

あなたにオリジナルな木の家

    (original)  (Ki)

              です。

 

もちろん、お施主さまにとってのオリジナルなのですが

大垣建築にとってもオリジナルな「木の家」なのです。

 

例えば、

1995年より推進してきたスーパーウォール工法で

推進してきた高断熱技術

 

2000年より導入の2×4住宅の構造の安定性能

 

2007年、200年住宅HABITAで得たこれからの

住宅の在り方

 

等々、弊社が取り組んできた木造住宅工法の

技術・デザインのノウハウを盛り込みました。

まさしく、他社にはない、「オリジナルな木の家」

を2019年は形にしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

関連する記事