今年も、あと1ヵ月です。

いよいよ、新元号も来年です。

大垣建築では、新たな時代の始まりに向けての 

新コンセプト住宅「OGK2019」

が始動します。

前回のコンセプト住宅「OGK2013」は

HABITA地域モデルとして展示棟として

建設しました。

 

今回の「OGK2019」は、本仕様初の

お施主様と、ちょうど一年前よりプラン

打合せを繰り返しながら作り上げた自信作です。

プラン終盤に、私の母親の入院があり

お施主様であるA様には、打合せの延期等のご無理を

聞いていただき、誠に感謝致しております。

いよいよ今月上棟します。

 

2019バージョンに相応しく

大垣建築が長年培ってきた特色ある

「10の技術・仕様」に

更に新採用の「9のソフト&ハード」を

取り込みました。

 

地元、壬生町安塚に来春完成します。

本来なら、ホームページでしっかり紹介する

カタチが理想ですが

小規模・現場重視主義のため

なかなか更新作業が追いつきません。

 

まずは、速報版として、本ブログで

お伝えしていきます。

 

関連する記事