今、母親の自習リハビリで

弊社が皆様にお配りしている

「おうちのはなし」を使っています。

と言っても、記事を読むことではなく

表題のタイトルを書き写しながらの

文字を書く練習です。

自分の住所・氏名を書くのは飽きれたとの

ことで始めました。

いつも、車いすのバッグに数部と紙と鉛筆を

入れています。

少々、イレギュラーな活用方法ですが・・・

そんなこともあり、私自身もおうちのはなしを

読み返すことが必然的に増えてきました。

 

そこで、きになる記事がありました。

「かかりつけ医のように」

ある医療アンケートでの、かかりつけ医の

選択理由の結果だそうです。

 

1.近いこと

2.説明が丁寧であること

3.どんな病気も相談できること

4.腕が良いこと

 

これらは、私たち地元の建築会社でも

あてはまることです。

 

1.近いことは

  それだけで、安心感があるものです。

 

2.説明が丁寧であること

  これは、今回の入院のことで

  多いに自分自身が反省したことです

  家族の入院でどんなことがわからないかが

  わからないということでした。

  これは、多くの住宅を考えている方にも

  あてはまることだと実感しました。

 

3.どんな病気も相談できる

  たまたま、お取引先の窓口の方との会話で、

  「できるなら、最初は総合診療医の先生に

  診てもらいたいですね。」という話になりました。

  コレって決め付けずにさまざまな角度からの

  見立てと専門の方々との連携が必要と思いました。

  私たち、地元建築会社も新築もリフォームもメンテナンス含めて

  お客様のご要望を多角的な角度から提案できる総合住宅医を

  目指すべきだと考えました。

 

4.腕が良いこと

  そのとおりです。

  住宅を建てるには、大工さん、左官さん等々の

  多くの職種の職人さんの能力が必要になります。

  そういった職人さんの腕を充分に発揮してお客様の

  住宅を創るのが建築会社の腕だと考えました。

 

いろいろ並べながら書きましたが、なかなか全てを

完璧にこなすことは難しいのが実際です。

一つ一つクリアしながら、理想を現実に近づけられるよう

今年度、後半は実行していきます。

 

余談ですが、私の母親は

毎年の健保協会の健診でも

その他2週間に一回の診察でもお世話になっている

クリニックさんでレントゲン検査・CT検査をうけ

骨粗しょう症と言われ家に帰ってきました。

その数時間後に救急車で運ばれるとはその時

考えてもいませんでした。

実際はまったく違う病気でした。

クリニックの先生に結果を電話しても

その時は「そんなはずはない。」と言っていましたが

 

近いだけで選んではだめなのかな?

それとも3か4が少し足りなかったのかな?

あとで、説明は変わりましたが・・・