今週のおうちのはなしは

 

121号 木って、すごい!

〜木造の隠れた力〜

 

木造の家は、大地(山林)に育った樹木を

人が伐りだして

加工して木材にして

そして建てる。

一般的には、柱や床材に加工されてから

見ることが多いので

頭の中ではわかっていても、つい樹木(植物)で

あることを意識しないと忘れがちです。

 

木は、生命体ですから自らを守るために

様々な機能を持っています。

だからこそ、樹齢数百年という樹木が存在します。

 

そんな木のすごさを121号では紹介しています。

 

*121号は、HABITA OGKの家で入手できます。

000号〜119号までは、弊社ホームページからも

入手申込みができます。

 

121SKMBT_C22417011914060.jpg

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

OGKの家は、木の魅力をたっぷりとひきだした住宅です。

 

構造体は、そのままインテリアの一部となる「現し(あらわし)」に

だから、通常の住まいでは「隠す」木も、OGKの家では「魅せる」木になります。

わざわざ、たっぷり木が使われている構造体を隠して

石膏ボードで下地をつくり、差額を支払い

造作の木のインテリアにする必要がありません。

 

一度、展示棟でご確認ください。