家学の図書館にある、「おうちのはなし」に
今日の日にぴったりの記事がありましたので
そのなかから、少し内容を感想もまじえてご紹介します

 1980年7月のアメリカで
「世界で一番クリエイティブな仕事とは」
という広告が掲載されたそうです

その結びに She's a homemaker  ・ 彼女の名はホームメーカー

もちろん、homemakerとはアメリカの住宅会社のことではなく
主婦を指しています
そう、主婦の役割を称えたものです

主婦の仕事は、家事という一言で語りつくせません

Homemaker・主婦は、家庭そして家をつくる人

 主婦の皆さんのほんとうのご苦労を体験するには
時々の家事のお手伝いだけではなく
もしかしたら、新築やリフォームなどを考える
「家をつくること」が、主婦のオールマイティ性のある仕事を
経験できる機会なのかもしれません

と、この冊子で思いました

ご興味ありましたら、おうちのはなし006 
読んでみてください